で実行中です。
実行前にスイッチでAIモデルを切り替えられます。
* AIモデルによって消費リテラが異なります。

ITreview口コミNo.1

* 2024年5月時点ITreview

破格の550円(税込)!!
上限まで余っても他の使い道満載!!

検索順位チェッカー画面

有名企業も利用

AIRobot-NEWS RBBTODAY 日経 MARKETIMES 毎日新聞 Yahoo!ニュース アスキー CNETJapan exciteニュース Rakuten Infoseek TECHABLE BRIDGE BIGLOBEニュース DX.WITH
AIRobot-NEWS RBBTODAY 日経 MARKETIMES 毎日新聞 Yahoo!ニュース アスキー CNETJapan exciteニュース Rakuten Infoseek TECHABLE BRIDGE BIGLOBEニュース DX.WITH
AIRobot-NEWS RBBTODAY 日経 MARKETIMES 毎日新聞 Yahoo!ニュース アスキー CNETJapan exciteニュース Rakuten Infoseek TECHABLE BRIDGE BIGLOBEニュース DX.WITH

簡単かつ高機能

測定結果画面

SEOコンサルタントが見たいことが詰まったツール

BringRitera(リテラ)は、株式会社BringFlowerの代表で、この文章を書いている私自身が自ら開発しています。私はSEOコンサルタントでもあります。

検索順位は何をすると上がり、何をすると下がるのか。検索エンジンのアルゴリズムによって変化することもあります。検索順位の推移は、これらを把握するために必要なこととなるため、SEOに取り組むうえでの基本的なところとなります。

私は毎朝、ディスプレイに向かったらまず最初にするのが検索順位のチェックです。そんな日常の行為のため、少しでも早く把握できることと、見やすくなっていることが重要です。そのため、自分のためにもこだわり抜いて作り上げています。例えば5位から1位に検索順位が上がった場合、それはすごいことですが、その嬉しい報告をクライアントに対してするときに、縦軸が1位~100位の中での上り幅よりも、縦軸が1位~10位のレンジで見せた方が上がり方が分かりやすく示されます。そのためBringRitera(リテラ)は、縦軸のレンジを自由に変えられるようにしています。

「モバイル」「PC」、「Google」「Yahoo!」「Bing」それぞれの組み合わせで計測可能で、検索地点も日本以外の国で選択可能です。
自サイトのみならず、他のサイトの検索順位も計測しておくことで、より深い洞察が可能となりますので、ぜひそのような使い方もご検討ください。

使い方の流れ

検索地点の設定

検索地点によって検索結果は異なります。

それが外国語で書かれた記事である場合、日本のGoogleで、日本で検索しても現地の検索結果とは大きく異なる可能性があります。BringRitera(リテラ)は、日本以外に英語、韓国語、中国語(簡体字)、台湾語(簡体字)、香港語(簡体字)で記事をAIにより自動生成する機能を持ちますので、検索地点もそれらで設定可能としています。
デフォルトは日本語ですが、外国語の記事である場合はまず設定で言語の変更をしてください。

検索地点の設定
サイト登録画面

サイトの登録

検索順位を計測したいサイトの登録を行います。
サイトごとに検索順位を表示することができます。
また、登録したサイトをもとに、ターゲットキーワードを探索する機能もあります。

計測する検索キーワードの登録

検索キーワードはサイトごとに一括して登録が可能です。
複数登録する場合は改行して入力を行うだけです。
モバイル/PC、Google/Yahoo!/Bingのどの組み合わせで計測するかを選択が可能です。

検索順位一覧画面

サイトごと、検索エンジンごとに
検索順位の確認が可能

検索キーワードの登録が完了すると、20分程度で最初の計測が行われ、結果が表示されます。
その後は1日に1回、日本時間の深夜帯に計測されグラフで表示されます。
表形式とグラフ形式の両方で視覚的に分かりやすく示されます。
1つ1つ確認せずとも、表中に示される簡易グラフで全体の傾向の概略も把握しやすくなっています。

CSV出力

測定した検索順位はCSV出力が可能です。
他のデータと合わせた分析や、独自レポートにもご活用いただけます。

スマートフォン画面
スマートフォン画面

全画面、スマートフォン対応

スマートフォンでも快適に利用可能なので、移動中の隙間時間に見ることもできますし、クライアント先での提示もしやすくなっています。

その他の機能

他社の検索順位チェックツールでは、検索キーワードの登録数が上限にほど遠かったとしても、他に使い道がないものがほとんどです。それに対しBringRitera(リテラ)は、以下のように検索順位チェックツール以外の機能もあるため、検索キーワードの登録数が上限に達していなくても、他に使い道が色々とあるというメリットがあります。

SEOに強いAIライティングツール

GPT-4o, Gemini Pro 1.5, Claude Opusの各最新モデルを切替えて使えるAIライティングツールを利用できます。

キーワード探索

テーマ、ジャンルを入力することでキーワードを提案する機能と、サイトのURLを入力することでサイトを分析してキーワードを提案する機能があります。

画像生成AI

16種類のテンプレートをもとに簡単に最高クラスの画像生成AIを使うことができます。記事用の画像などにお使いいただけます。

選ばれる理由

  • 色々と使い道があり、プラン上限を有効活用できる
  • 使い勝手の良さ
  • 生成AI記事と検索順位の関係を探れる
  • 簡単に最高クラスの画像生成AIが使える
  • 運営元のSEOの実績

他社ツールとの違い

比較項目 BringRireta(リテラ) ツールA ツールB ツールC
1キーワードあたり料金 12円~ 50円~ 38円~ 25円~
キーワード上限に対して余った分の他への利用 AIライティングツール、画像生成AIなど 不可 不可 不可
Google、Yahoo!、Bringの3大検索エンジン対応 対応 非対応 対応 非対応
検索地点変更 不可 不可
グラフのレンジ変更 不可 不可 不可
見やすさ 自信があります。ぜひお試しください。
使い
勝手
自信があります。ぜひお試しください。

*料金は税抜表記です。税額の記載がない他社サービスについては、その料金を掲載しています。

開発・運営元について

BringRiteraは、SEOコンサルティングとウェブ制作を主事業とし、自サイトをわずか1年で「SEO対策 制作」で1位に表示させた実績を持つ株式会社BringFlowerが開発を行っています。

つまり、SEOに特化したこのツールの目的に適した、プロによるものとなっています。

SEOコンサルタントである私自らが使うことを想定しこだわり抜いて作り上げた検索順位チェックツールとしての機能とUIデザインを施しています。実際、このツールを使うようになってから日々の検索順位チェックツールが快適になりました。
AIライティングツール、画像生成AIも細部にこだわり作り上げています。ぜひお試しください。

料金プラン

初期費用:
0円(全プラン共通)

まずはお気軽にお試しください!

  • 無料お試しプランあり
  • 有料プランは毎月契約更新(翌月から解約可能)
    * 更新日などについてはよくある質問をご覧ください。

フリー
Free

0円/月
税込0円

  • 上限20リテラ/月
  • 記事作成1記事
  • 登録上限1サイト
  • 順位計測最高1キーワード

ライト
Light

500円/月
税込550円

  • 上限40リテラ/月
  • 記事作成2記事
  • 登録上限5サイト
  • 順位計測最高40キーワード
  • 画像生成最高20
  • サイト分析機能

スタンダード
Standard

3,000円/月
税込3,300円

  • 上限250リテラ/月
  • 記事作成15記事前後
  • 登録上限50サイト
  • 順位計測最高250キーワード
  • 画像生成最高40
  • サイト分析機能
  • 追加指示機能

プロ
Pro

9,000円/月
税込9,900円

  • 上限800リテラ/月
  • 記事作成45記事前後
  • 登録上限200サイト
  • 順位計測最高800キーワード
  • 画像生成最高400
  • サイト分析機能
  • 追加指示機能

エンタープライズ
Enterprise

30,000円/月
税込33,000円

  • 上限2,800リテラ/月
  • 記事作成160記事前後
  • 登録上限1,000サイト
  • 順位計測最高2,800キーワード
  • 画像生成最高1,400
  • サイト分析機能
  • 追加指示機能

エンタープライズプランの上限でも足りない場合、
個別対応を検討致しますのでご連絡ください。

よくある質問

Q.料金表記載のリテラとはなんですか?
各種機能を用いるのに、それぞれ消費するポイントの単位です。
例えば記事本文を作成するためには最低15リテラ必要です。
フリープランでお試しいただくとお分かりいただけるかと思いますので、まずはお試しください。
Q.更新日はいつですか?
更新日は、申込日の1か月後です。
例:1/15に申込をした場合、次回更新日は2/15となります。
Q.プラン変更時に更新日とその時点のリテラはどうなりますか?
  • プランアップ時は、ただちにプランが変更になり、次回更新日はその時点の1ヶ月後に変更になります。リテラは、その時点のリテラに対してプランアップ後の上限値が足されます。
    例:1/25にフリープランからプロプランにプランアップをした場合、次回更新日は2/25となり、リテラはその時点でのリテラに対してプロプラン上限値の800リテラが足されます。
  • プランダウン時は、その申込をした時点の次回更新日に反映され、リテラは、そのままとなります。
    例:次回更新日が2/15の状況で1/25にプロプランからスタンダードプランにプランダウンの申込をした場合、次回更新日である2/15にプラン変更が反映されます。申込をしてもリテラが減ることはなく、その時点でのリテラが500あるとすれば、スタンダードプランの上限値の影響を受けることなく500のままです。
Q.アカウントの共有は可能ですか?
同じ目的を有する場合においては同一組織ではなくても許容しています。
Q.機能開発の要望は可能ですか?
ユーザー様の声を踏まえた開発を行っており、随時受け付けております。